ブルーベリーサプリメントの副作用とは?ビタミン○に要注意!

ブルーベリーサプリメントは、食品で普段から食べることのできるブルーベリーを原料にしているため、基本的に副作用はありません

しかし、サプリはブルーベリーに含まれる栄養素をぎゅっと詰め込んだものです。ブルーベリーを1日に何十グラムも食べるという経験をしたことがある人は少ないでしょう。

そこで、このページでは、ブルーベリーサプリで栄養素を過剰に摂取しても大丈夫なのか、副作用にはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

安心してブルーベリーサプリを使うための基礎知識を身につけてくださいね。

ブルーベリーサプリメントのビタミンAに要注意

ブルーベリーサプリメントには、ブルーベリー由来の「ビタミンA」が含まれています。ビタミンAは脂溶性のビタミンで、目の健康にも必要なのですが、過剰に摂取すると、

  • 急性の中毒症状として・・・腹痛や嘔吐、めまいなど
  • 慢性の中毒症状として・・・皮膚の乾燥や関節の傷み、頭痛など

が起こることで知られています。ビタミンAの摂り過ぎによる副作用は、農林水産省でも呼びかけられていますので、特に「マルチビタミン」など他のサプリを飲んでいる方はビタミンAの摂取量には注意を払うようにしましょう。

そして、それ以上に注意したいのが「妊婦さん」のブルーベリーサプリメントの使用です。なぜならビタミンAには、過剰摂取によって赤ちゃんの奇形を起こす可能性があるからです。

ビタミンAは、1日の上限量は18歳以上で2700μgと言われています。もちろんブルーベリーサプリメントだけではこの耐容上限を超えることはありません

しかし、先ほどお伝えしたように、

  • 他のビタミンAを含んだサプリメントを飲んでいる方
  • 妊婦の方

はブルーベリーサプリメントの使用を控えたり、マルチビタミンを飲むのをいったん止め、お医者さんに相談してから飲むなどすることがおすすめです。

ブルーベリーサプリメントに副作用はない

ここまでブルーベリーのビタミンAによる副作用を紹介してきました。しかし、もしあなたが「妊婦さんではなく」「ビタミンAの入ったマルチビタミン剤を飲んでいない」のであれば、ブルーベリーサプリに副作用はありませんので、安心してブルーベリーサプリメントを飲んでください。

ブルーベリーサプリメントは、「視力回復」や「目の毛細血管の強化」に効果があります。用法容量を守れば副作用はありませんので、できる限り多く摂取できるブルーベリーサプリメントを選んでみてください。

特にブルーベリーサプリメントに含まれるアントシアニンは、アントシアニン換算で40㎎以上を摂取するのが望ましいとされています。アントシアニン40㎎=ブルーベリー120㎎~250㎎ですので、ブルーベリー配合量が120㎎以上のブルーベリーサプリを飲むことが望ましいです。

ただし、いくら副作用がないからといって、1日に決められた量以上を飲むのは禁物です。ブルーベリーサプリメントは、「決められた用法用量で十分にパフォーマンスを発揮するようにできています。効果がないからといって、決められた量の2倍、3倍を飲んでも効果が増えるわけではありません。

ブルーベリーサプリメントの副作用のまとめ

それでは今回のまとめです。

  1. 他のサプリと「混ぜない」・・・ビタミンAの含まれるマルチビタミン系のサプリを飲んでいる場合は、どちらかをやめるか、両方飲みたい場合はお医者さんに相談をしてみましょう。
  2. 妊婦さんは非推奨・・・妊婦さんでも飲みたい場合は、産婦人科医に相談するようにしましょう。
  3. 決められた用法用量であれば、副作用はない・・・他のサプリメントと併用しなければ、安心安全に飲むことができます。ただし、飲み「過ぎ」は禁物です。

これらを守って、安心安全にブルーベリーサプリを上手に活用していきましょう。