めなりが効かない・・・そんな時はどうする?

ルテイン&ビルベリーサプリの「めなり」

品質としてはアイケアサプリの中でも群を抜いて良く、「これで効かなければ他のルテインサプリも効かないのではないか」というくらい優れた製品の1つです。

しかし、せっかく飲むなら、「効かない」よりも「効果が実感」できたほうがいいですよね。ここでは、「めなりが効かない」ことにどう考えたら良いのか、飲み方に注意点があるのかなどを紹介していきます。

めなりが効かないときは、まず「解約」を

もし今現在、数か月継続したにも関わらず「めなり」が効いていない時には、「解約」をしてもらいましょう。

もしくは、他のルテインサプリを使用して、もしかしたら再び「めなり」を使う場合には「休止」をしてもらいましょう。

めなりは月額2980円と、大変コスパも高いですが、効果が出ないモノを継続してもしょうがありません。もちろん「1か月で効果判定」は短いと思いますが、2か月、3か月継続しても良くならないなら、迷わず解約しましょう。

めなりが効かない!という人のよくある間違い

「解約」も大切ですが、そもそも「飲み方」「使い方」について間違いをしていれば、効果が出るものも効果が出なくなります。

「毎日」「決まった時間に」継続しているか?

めなりには「特許取得ビルベリー」が使われています。そのビルベリーに使われているアントシアニンですが、アントシアニンは体内に蓄積することができません。

効果の最大値は飲んでから2~4時間後、24時間経過する頃には、体からすべて排出されています。

ですので「決まった時間に」「毎日」摂取しなければあまり意味がありません。サプリで「継続する習慣」を整えていきましょう。

油ものと一緒に食べているか?めなりのルテインは脂溶性

ルテインやゼアキサンチンは「脂溶性」のカロテノイドです。脂溶性ですので「油」にしか溶けません。

よくあるのは、油が少ない「朝食」の後に飲むという人です。ルテインは脂溶性ですので、油と一緒に摂取しないと効果が低くなります。

もし「めなり」を朝に飲むなら、「バターを塗ったパンを食べる」など、一工夫をしてみましょう。

めなりが効かないのは満たされているからかも?!

もし、そもそも野菜中心の食生活をしているのであれば、「ルテインとゼアキサンチンが十分だった」ということも考えられます。

サプリは「足りない栄養素を補う」ものであり、マイナスをゼロに近づけるものです。ですので、そもそも体調や目の調子がよい人には効果がありません。

血液状態、肥満があると、効果がない

また、「血液の状態」や「肥満」、「肝機能の低下」などがあると、めなりの効きは悪くなります。

例えば中性脂肪値が高く、肥満な人は、血液がドロドロな場合が多いです。すると、酸素や栄養素が体全体に上手に運ばれません。

つまり、「めなり」を摂取しても意味がないということです。

また、めなりに含まれる「ルテイン」は肝臓に蓄えられます。つまり、肝機能が悪ければ、めなりは効きません。

このように、「サプリが悪い」のではなく、「あなたの体の目以外の臓器が悪い」ことでめなりが効かないということが起こります。

運動不足解消と、体全体の健康を目指して

めなりが効くか、効かないかは、ここまで紹介したように「体全体の健康」と結びつきがあります。

ルテインやゼアキサンチン、アントシアニンは「目に良い」と言われますが、それは、「他の臓器が健康な場合に」目に良いという事です。

ですので、めなりが効かない時には、まずは「他の体の部分で悪い所はないのか?」と考えてみてください。そして改善してみてください。

そうすると「体全体として」健康になっていく実感があるはずです。