クリアアイの効果と本音レビュー!定期的に買うことを決めた理由と実物画像

アイケアサプリ「クリアアイ」は、ダイドードリンコが発売したアイケアサプリです。これまで「めなり」というルテインサプリを使ってきた私でしたが、めなりからクリアアイに切り替えようと考えています。

このページではそんなダイドー「クリアアイ」の特徴と、使って良かったこと、感じた効果、(現在3か月に一度の配送ペースにしてもらっていますが)定期的に注文している理由を紹介していきます。

ダイドー「クリアアイ」の特徴

クリアアイ実物1

ダイドーのクリアアイは、ルテインゼアキサンチン2つの成分の機能性表示食品です。またこの2つの栄養素以外にも「DHA」や「ビタミン類」などアイケアに「必要な」成分が詰め込まれています。

機能性表示成分 ルテイン・ゼアキサンチン
ルテイン ◎:10㎎
ゼアキサンチン ◎:2㎎
アントシアニン ○:配合有
DHA ○:配合有
ビタミン類 ◎11種(※1)
※1:ビタミン類は「ビタミンC」「ビタミンE」「ナイアシン」「パントテン酸」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンA」「葉酸」「ビタミンD」「ビタミンB12」の11種類が配合されています。

クリアアイがルテイン・ゼアキサンチンの機能性表示食品である理由

クリアアイ実物と機能性表示の文言

その中でもクリアアイは「ルテイン」「ゼアキサンチン」の機能性表示食品ですが、これはルテインゼアキサンチンに関わる下記のデータが根拠となっているため認可されています。

ルテインゼアキサンチン摂取による黄斑色素密度の増加

上記グラフは18歳~30歳の男女115名に対してプラセボと比較した場合の効果実験です。このグラフを見ると分かるように、ルテインゼアキサンチンを摂取したグループは有意に黄斑色素密度濃度が増加していることが分かります。

これによって「クリアアイ」には下記の効果が期待できます。

  • 目の健康状態の指標「黄斑色素密度濃度」が高まる
  • 黄斑色素密度濃度が高まることでブルーライトなどの青色の波長から目を守ることができる
  • 目に発生する活性酸素を取り除くことができる

またこれらを通して、目の疲れの軽減やピント調節力の改善、DHAが含まれているからこそ涙の質の改善も期待できます。黄斑色素密度濃度の量が多いということは目を刺激から守る力が高いと言う事です。

「いつまでたっても健康な目を維持したい」「ブルーライトから目を守りたい(※2)」「加齢黄斑変性や白内障などの失明リスクのある眼病の予防をしたい」という方に、クリアアイは特にオススメです。

>>クリアアイ公式サイト
※初回972円・いつでも休止解約可能

※2:ルテイン、ゼアキサンチンは網膜に多い「黄色」の「カロテノイド」です。青色の反対色のため青色の波長を打ち消します。すべてのカロテノイドには抗酸化作用があり、だからこそ目の網膜に多いルテインとゼアキサンチンが網膜の活性酸素を除去=酸化・老化を防ぎます。

クリアアイを実際に使ってみて感じた効果とメリット

めなりとクリアアイ

このような特徴のあるクリアアイですが、飲んでみて感じた効果は3つあります。それが

  • 目の疲れの軽減
  • ピントが合いやすくなった
  • 長時間のスマホ・パソコン作業が楽になった

の3つです。どの程度眼病予防ができているかは分かりませんが、これらははっきりと感じることはできました。

もちろんこの3つの効果は、アイケアサプリ「めなり」でも感じていました。だからこそ「クリアアイに変えようかな」と思うようになったのです。ここでは効果を感じたからこそ、クリアアイに乗り換えようと思った理由を紹介していきます。


  1. ルテイン・ゼアキサンチンの機能性表示食品
  2. 開発・販売がダイドードリンコ
  3. 「めなり」よりも安い価格とコスパ

ルテイン・ゼアキサンチンの機能性表示食品

ルテインとゼアキサンチン

私がこれまで飲んでいた「めなり」はルテイン12㎎、ゼアキサンチン2.4㎎が含まれていましたが、めなりはこの2つの栄養素の機能性表示食品ではありませんでした。

それに対してクリアアイはルテイン10㎎、ゼアキサンチン2㎎と配合量は少ないものの、機能性表示食品です。

そして「加齢等によって減少する目の黄斑部の色素量を上昇させる働きがあり、ブルーライトなどの光の刺激からの保護により、コントラスト感度(ぼやけの解消により物を識別する感度)が改善するため、目の調子を整えます。」という表記が可能になっています。

このあたりの「信頼性」の部分では、クリアアイの方が上のように感じました。

開発・販売がダイドードリンコ

ダイドー

クリアアイの販売会社は「ダイドードリンコ」です。そしてダイドードリンコが初めて開発・販売した機能性表示食品が「クリアアイ」です。

クリアアイには大企業だからこそのカプセル化技術、大企業だからこその生産工場、大企業だからこその安心感があります。サプリメントは口に入れるものだからこそ、ダイドードリンコのサプリを使う安心感は他には変えられないと思いました。

「めなり」よりも安い価格とコスパ

クリアアイの価格

何よりのメリットが「価格」です。私がこれまで使ってきた「めなり」は2か月目以降2980円。これだけ見れば十分に安いのですが、クリアアイは初回972円、そして2回目以降は2430円なのです。

めなりとの差は「500円」ですが1年間使えばその差は6000円にも広がります。

もちろん成分的には「めなり」の方が上ですが、必要な成分が必要なだけ配合され、効果に関してほとんど違いを感じなかったからこそ、私は「クリアアイ」を定期注文しようと考えました。

また注文時から配送頻度を自分のペースに合わせることができたり、使ってみて合わないと感じたら初回から解約OKなど、消費者に寄り添った価格設定となっています。

>>クリアアイ公式サイト

クリアアイを使って分かったオススメな人

クリアアイ4

ということで、私自身使ってみたクリアアイがオススメな人はこんな人です。

  • コスパの良いルテインサプリを使いたい
  • ルテインとゼアキサンチンが十分量配合されているものが良い
  • 大企業の発売するサプリが良い
  • 目の疲れを日頃から感じている
  • ピント調整力が落ちてきた気がする
  • 目の健康や眼病予防も大切にしたい

これらに1つでも当てはまる方は、まずは初回972円のお試しを通して、クリアアイが合うかどうかを感じてみましょう。

>>クリアアイ公式サイト

※いつでも休止・解約可能

さいごに

今回の記事の中では書けませんでしたが、クリアアイは1日1粒で良いというのも大きなメリットの1つです。また1粒がそこまで大きくなく、誰でも簡単に飲み込めるサイズになっています。

このような「細かい配慮」があるのもさすがダイドードリンコですし、さすが清涼飲料水メーカーだなと感じています。また大企業がアイケアサプリを発売する=それだけ科学的に必要だと思われているということでもあります。

目は失明してしまうと回復できない臓器です。その目を酷使する現代だからこそ、クリアアイを使って効率的にアイケアしてみてはいかがでしょうか?