スマホえんきんを60日間飲み続けた効果!口コミの徹底検証の結果!

「スマホを使うと目が疲れる」「どうしても減らせないパソコン作業が辛い」といった時に、何かいいサプリがないかと調べ、目についたのがファンケルの「スマホえんきん」です。

普段からスマホとパソコンの使用が多い私は、「これを飲めば良くなるかも?!」と思いすぐに購入。そして今日まで60日間継続使用をしてきました。

このページでは、そんなスマホえんきんを使ってみて「良かったこと」や、ここはイマイチという「悪かったこと」も含めて、徹底的にレビュー・検証していきます。

スマホえんきんのことは信じません

「スマホえんきん」って書いてあるくらいだから、スマホやパソコンの目の疲れをきっと改善してくれるんだろう・・・そんな期待を込めて利用する人は多いと思いますが、使い始めたばかりの私は、スマホえんきんのことは信じていませんでした

なぜなら今までスマホえんきんを含め様々なサプリを使ってきましたが、効果を感じられたのはごくごく僅かなサプリだけだからです。

ですので、使い始めた当初は、期待が裏切られるのが怖かったので、一切信用はしていませんでした。

「ファンケルブランドだから」「口コミ評価が高いから」というのは選んだ理由の1つでしたが、サプリは効果が出るまでに個人差がありますし、だからこそ期待せずにじっくり使ってみよう、そうして始めたのがスマホえんきんです。

それではさっそく、購入~60日間チャレンジの結果報告をしていきます。

スマホえんきんの購入、一番最安値だったのは?

スマホえんきんを購入するにあたって、まず私が調べたのは「最安値」です。スマホえんきんは薬局にも売っていますし、ネットでも売っています。

どこでも買えるからこそ、様々な値段設定があり、どうせ使うなら安く使いたい!とトコトン価格調査をしました。

公式サイト
※初回のみ
780円
楽天市場 スマホえんきん最安値【楽天市場】 1450円
※送料も計算
Amazon スマホえんきん最安値【Amazon】 1563円

このように楽天市場やAmazonでも売っていましたが、今までファンケルでスマホえんきんを購入したことがないのであれば、ファンケル公式特設サイトが780円で最安値であることが分かりました。

これは通常の定価の半額。

しかも、単品購入であり、「その後継続して送られてくることがない」「解約や休止の電話連絡の必要もない」ということで、公式サイトを利用することにしました。

ただし、発送~到着までに2日ほどかかりました。ですので、「今すぐ欲しい」「2日間も待てない」という場合には、近くの薬局で購入してみましょう。

>>スマホえんきん公式サイト

スマホえんきんのサプリ形状は錠剤タイプでした

ということで、スマホえんきんを購入し、実際に開封してみると、サプリの形状がソフトカプセルかと思いきや、錠剤タイプのサプリメントでした。

スマホえんきんの味とニオイについて

ソフトカプセルではないので、舌に当たった時に味があるのが嫌だなと思いましたが、舐めてみても、全く味がしません。また、1粒が小さかったので、非常に飲みやすかったです。

また、サプリを開けてニオイも嗅いでみましたが、無味無臭。ですので、誰でも抵抗なく飲めると思います。

ちなみに、歯で噛み砕いて食べてもみました。すっごいマズイです(笑)

そもそも噛んで食べようと思ったのは、ビルベリー由来アントシアニンがメインの成分ですので、「もしかして噛んで食べたらベリー味で美味しいんじゃない?」と思ったからです。

でも「薬」の味がしました。噛んで食べるなんて普通しないと思いますが、やめておきましょう。

1日に何粒飲む?目安はあるの?

そんなスマホえんきんですが、1日の目安量は2粒です。

飲む時間帯は、「普段目の疲れを感じやすい時間の2時間前」ぐらいがちょうど良いと思います。なぜならアントシアニンは、ポリフェノールの1種であり、水溶性ですので、比較的はやく効果が現れるからです。

ですので夕方特に疲れる方は昼頃に飲むなど工夫してみましょう。

結局、スマホえんきんの効果はあったの?本音の口コミ

ということで、「1日2粒」を継続して飲んできました。飲み忘れる日もあったのですが、それでも継続できたのは、実感力があったからです。

正直な感想を言うと、「めちゃくちゃ実感力がある!」というわけではありませんが、価格に対するコスパ・効果としては、十分かなと思っています。

ここからは、具体的に飲んで感じた効果を紹介していきます。


  1. 長時間のスマホ、パソコン作業によるかすみ・ぼやけの解消
  2. 目の重みと痛みが和らぐ
  3. 眼精疲労による頭痛を感じなくなる
  4. 特に症状がひどい時に効果あり

長時間のスマホ、パソコン作業によるかすみ・ぼやけの解消

長時間スマホやパソコンで作業をすると、かすんだり、ぼやけたりすることってありませんか?

私の場合は、1日に10時間くらい作業をすることがありますが、5時間くらいすると、「なんだかピントが合わない」と感じることが多くあります。

そんな時にスマホえんきんを飲むと、だいたい1時間~2時間くらいで、症状が改善されます。何度もこういう経験をしたので、実際に効果があるのだと思います。

ちなみにこれは「科学的」にもそのような作用があると報告されています。

スマホえんきんの効果とエビデンス

ですので、もしスマホやパソコンでピント調節力の低下を感じているなら、スマホえんきんは試してみる価値が十分にあります。

目の重みと痛みが和らぐ

ピント調節力の改善とともに感じたのが、目の奥の痛みや目の重みが、だいぶ和らいだという事です。

スマホえんきんを使う前は、目が重いし痛いしで、「目薬」を常備していました。でも、本当に目薬を使わなくなったんです。

目薬を使うとドライアイが加速します。ですので、できれば使いたくないと思ってきましたが、本当に使わなくても良い日常がくるとは思ってもみませんでした。

ただし、「完全に良くなる」というわけではありません。でも、目薬をささなくていいくらい、症状が気にならなくなったことは事実です。

眼精疲労による頭痛を感じなくなる

また、私が以前、目薬とともに欠かせなかったのが「ロキソニン」です。なぜかって長時間のスマホ、パソコンで頭も痛くなることがしょっちゅうあったからです。

3日に1回はロキソニンを飲んでいて、ロキソニンジャンキーのようになっていましたが、スマホえんきんを飲み始めてから、ほとんどロキソニンの活躍の場がなくなりました

ロキソニンって1箱買うと700円とかそれくらいします。その出費(目薬の出費も)がほとんどなくなったので、私にとってはコスパのいい買い物になってます。

特に症状がひどい時に効果あり

スマホえんきんが何より凄いと思ったのは、「症状が辛い時ほど効果がある」ということです。

「本当にこの目の疲れをなんとかしたい」「あとひと踏ん張り頑張りたいけど、ピントが合わなくなってきた・・・」なんて時に飲むと、本当に効果を実感します。

もしスマホなどのVDT作業で目の疲れを感じていて、それをなんとかしたいと思っているのであれば、使う価値があると思います。

スマホえんきんのここがデメリット!良くなかったこと

ここまで良いことばかり書いてきましたが、「ここが惜しい」「物足りない」と感じることもありました。ここでは、スマホえんきんの「イマイチだった部分」について感想・口コミをお伝えします。


  1. ルテインの配合が1mg。目の健康力不足
  2. 軽い目の疲れには効果を感じない
  3. 他のサプリに比べて実感力不足

ルテインの配合が1mg。目の健康力不足

個人的に致命的だったのが、ルテインの配合量が1mgであることです。※ルテインは1日に6㎎摂取すると良いことも分かっています。

ルテインは生まれた時から私たちの目を守っています。

赤ちゃんの頃、紫外線が目に入ってもトラブルはありませんでしたよね?スマホなどのブルーライトを見ても、目にトラブルは起きませんでしたよね?

これは、生まれた時から目の網膜にあるルテインが、紫外線やブルーライトをカットしてくれていて、なおかつ、活性酸素を除去してくれているからです。

そんなルテインは食事からしか摂取できず、なおかつ、加齢とともに体内のルテイン量は低下していくことが分かっています。

そんなルテインが1mgなので、スマホえんきんは、目の疲れを軽減してくれますが、目は守ってくれていません。

これは本当に致命的だと思いますし、本当に目のことを考えるなら、スマホえんきんよりもえんきんの方が良いはずです。

軽い目の疲れには効果を感じない

症状が重い時には効果のあったスマホえんきんですが、軽い疲れ目などにはほとんど効果を感じませんでした。

ですので、「あまり目の疲れに悩んでいない」という方には、あまりオススメではありません。

他のサプリに比べて実感力不足

結果的に今私が使っているのは「めなり」というサプリメントです。それに比べると、実感力は低くなります。

スマホえんきんは安いですし、価格以上には効果があります。ですのでコスパも非常に高いと思います。

でも、「実感力」と「目の健康」も考える私にとっては、少々成分不足気味なサプリメントでした。

スマホえんきん vs えんきん vs めなり

ということで、最後に、ファンケル「スマホえんきん」と、同じくファンケル「えんきん」、そして、私が今使っているアイケアサプリ「めなり」を比較していきます。

この比較表を見て、より自分にあったサプリ選びをしていただけたら幸いです。

スマホえんきん えんきん めなり
ルテイン 1mg 10㎎ 12㎎
ゼアキサンチン × × 2.4㎎
アントシアニン アントシアニン57.6㎎ シアニジン-3-グルコシド2.3㎎ 特許取得ビルベリーエキス170㎎
アスタキサンチン × 4㎎ 1mg
クロセチン × × 0.68㎎
微粒元素(亜鉛・銅) × ×
初回価格 780円 1000円 907円
継続設定 単品購入のみ 単品購入のみ いつでも休止・解約可
返金保証 × × 15日間全額返金保証

いつでも休止・解約できても電話をするのが億劫な場合は、「スマホえんきん」や「えんきん」がオススメです。それに対して、「実感力」と「健康」を考えるのであれば、「めなり」がオススメです。

また、私のように、「とにかく試してみる」というのも1つの方法ですので、ご自分に合った方法を選んでいきましょう。

>>スマホえんきん公式サイト

>>えんきん公式サイト

>>めなり公式サイト

さいごに

今回はスマホえんきんの効果について口コミをしてきました。スマホやパソコンからくる眼精疲労には本当に効果があると思っていますし、そこまで高くもありませんので、気になるのであれば、一度試されると良いと思います。

ただ、やはり気になるのは「ルテイン」の配合量の少なさです。

このあたりは価値観によるのでなんとも言えませんが、やはりルテインは眼科医推奨の栄養素でもあり、摂取した方が良いと思います。